通信費最安値はこれ

通信費を下げるポイントは、通話の電話と、ネットを使うスマホを別けることです。2台持ち、3台持ちになりますが、かなり通信費を節約できます。そして、ネットの部分はポケットwifiおすすめです。
さらに、今話題の格安simを使えば、ポケットwifiの最安値を狙えます。simフリーポケットwifiが必要になります。

私は3台持ちで、通信費は月々3000円台です。

SIMフリー ポケットwifiが安い

格安simを使うには、simフリーのポケットwifiが必要になります。

1台あれば今後もいろいろ使えるのでおすすめです。

人気のsimフリーモデル

NEC製LTEモバイルルータ「Aterm MR04LN」がコストパフォーマンスや通信速度で最強simフリーモデルです。

次世代通信方式LTE(受信最大300Mbps、送信最大50Mbps)

連続通信時間 約12時間

Wi-Fi機器に16台まで同時接続が可能

キャリアアグリゲーション対応で通信が安定

話題のデュアルSIM対応なので、simカードを2枚挿せます。

楽天市場で「Aterm+MR04LN」を見る

「Aterm MR04LN」に合う格安sim

Aterm MR04LNならどの格安simでも使えますが、格安simはたくさんあってどれを選べば良いのかわからなくなります。

そこで私が使っている格安simを紹介します。



DMMmobileは格安simの中で最安値水準です!!

ドコモの回線を使っているので、通信が安定しています!!

プラン変更も無料でできます。

申し込むときは、データ専用プランを選んでください。通話プランを選んでも使えますが、ポケットwifiでは電話ができません。

DMM mobileデビュー!今だけお得なキャンペーン実施中!

ポケットwifi無制限

ポケットwifiの無制限プランなら一台で、外でも家でもスマホでもパソコンでも使いたい放題です。

通信速度、コストパフォーマンスでおすすめは「BroadWiMAX」

ギガ放題プラン3541円で高速370Mbpsのハイスピードモードが使い放題!!

お試し期間で最大3ヶ月間は無制限が2856円!!

まとめ

ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアのポケットwifiは月々の料金が割り高です。また解約のときの解約金もあります。あまりおすすめできません。格安simのデータプランなら解約金もないので、通信が安定しないなどの不具合があればMVNOを変えることもかんたんにできます。ポケットwifiを使えば通信費を節約できます。チャレンジしてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする